JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

Competition   〜コンペのページ〜

コンペの
トップ
スケジュール 国内
リザルト
国際大会 ダウンロード
(資料・その他)
日本山岳協会
(JMA)関係
リード ボルダー ユース その他

国際大会 2012年    2013年へ 2013年へ  2011年へ 2011年へ

前 次2013年度日本代表選手について

* 12月4日の日山協・選手強化委員会で以下のことが決定された。B代表は昨シーズンの成績を考察し、男子10名、女子6名に削減された。

リード

S代表 安間佐千、小田桃花
A代表 野口啓代、小林由佳
B代表 男子10名、女子6名

ボルダー

S代表 野口啓代
A代表 杉本 怜、安間佐千、小田桃花
B代表 男子10名、女子6名


  • リードB代表は半数を1月の日本選手権で、半数を6月のジャパンカップで決定する。
  • ボルダーB代表は、2月のボルダリングジャパンカップで決定する。
  • ユース代表は3月のユース選手権で決定されるが、6月のジャパンカップの成績によって追加される場合もある。

((社)日本山岳協会 選手強化委員長 北山真 2012/12/05)

前 次安間佐千 ワールドカップ年間優勝!

* 11月17〜18日、スロベニアのクラニで行われたIFSCクライミングワールドカップ最終戦で、安間佐千は2位に入賞。年間優勝を争っていたスペインのラモン・ジュリアンが7位に終わったため、ポイントで逆転、年間チャンピオンに輝いた。日本選手の男子年間優勝は2000年の平山ユージ以来の快挙。

(北山 真、写真:千葉 和浩 2012/11/19)

前 次印西ワールドカップ会場へのシャトルバス時刻表

* リードWC印西大会大会当日の最寄り駅(成田線 木下駅、北総線 千葉ニュータウン中央駅)と会場を結ぶシャトルバスの運行時刻表が発表になりました。

バス時刻表はこちら

(2012/10/23)

前 印西ワールドカップのタイムスケジュール変更

* リードWC印西大会の28日(準決勝、決勝)のタイムスケジュールが、チケットに印刷されたものから変更になりました

* 準決勝のスタートが10:30→10:00に、また女子決勝のスタートが14:30→14:00と30分ずつ繰り上がります。来場を予定されている方はくれぐれもご注意ください。

(2012/10/17)

前 次印西ワールドカップのウエブサイト開設

* 10月27日、28日に開催されるリードWC印西大会のウエブサイトが開設された(http://www.wc-inzai.jp/)。

* 今後、選手に対するインフォメーション等もこちらにアップされるので、チェックされたい。

(2012/09/21)

前 次アルコ・ロックジュニアで森秋彩さん完全優勝

* 8月25日、26日、ロックマスターでおなじみのアルコにおいて、アンダー14のキッズコンペが開催された。伝統あるアルコでの大会ということで、世界各国から参加した5歳から13歳の総数500名。日本からただひとり参加した森秋彩(あい)さんは、なんとスピード、ボルダー、リード(トップロープ)、すべてのカテゴリーで優勝。もちろん総合優勝に輝いた。地元でも驚くべきクライミングだったと賞賛されている。

* クラスはA(1999年、2000年生まれ)、B(01、02年生まれ)、C(03、04、05年生まれ)の3つで、秋彩さんは03年生まれのCクラス。国内では5月に行われたファイブテンカップ(パンプ2号店)のアンダーユースAクラス(小学1〜3年生)のリードで優勝、ボルダー3位で総合1位となっている。

(2012/08/31)

前 次印西WCの出場意志表明について

* 通常のWCと同じく2カ月前がリミットです。まだ出場意志表明していない選手は、8月26日までにメールで北山にメール(rocksnow869@gmail.com)でご連絡ください。

(2012/08/17)

前 次LWC韓国(モッポ)の出場希望について

* 10月20、21日、韓国・モッポでのワールドカップ出場希望者は、19日までに北山にメール(rocksnow869@gmail.com)でご連絡ください。

(2012/08/15)

前 次小田桃花ワールドカップ優勝!

女子
1小田 桃花
2ミナ・マルコヴィッチ
3ヨハンナ・エルンスト
------
7小林 由佳

* 8月10、11日のリードワールドカップ第3戦イムスト大会で、小田桃花が優勝した。これまでの日本人女性のリードは2010年中国での小林由佳の2位が最高。小田の優勝は日本人女性初の快挙となった。その小林も決勝に進出、7位に入賞した。

* 男子はオランダのヨルグ・ヴェルホーヴェンが2008年以来、実に4年ぶりの優勝。開幕2連勝の安間佐千は3位だった。

男子
1ヨルグ・ヴェルホーヴェン
2ヤコブ・シューベルト
3安間 佐千
------
15樋口 純裕
33芝田 将基
39羽鎌田 直人
46中原 栄

(北山 真、写真:千葉 和浩 2012/08/14)

前 次安間佐千 リードWC 2連勝!

* 7月20、21日、ブリアンソンで行われたワールドカップ第2戦で、安間佐千はシャモニーに続き優勝した。試合は予選でただ一人の両完登、セミファイナルぶっちぎりの1位とラモン・ジュリアンの独壇場かのように見えたが、ファイナルでは7位に転落してしまった。安間は抜群の安定感で、2位のショーン・マッコールに3手の差をつけての優勝だった。 女子は好調小田桃花が5位、また今シーズンより戦線復帰した小林由佳が決勝進出、7位となった。


男子
1安間 佐千
2ショーン・マッコール
3ヤコブ・シューベルト
------
16松島 暁人
26芝田 将基
50中原 栄
女子
1ヘレン・ジャニコ
2ヨハンナ・エルンスト
3シャルロット・ドュリフ
------
5小田 桃花
7小林 由佳
23尾上 彩

(北山 真、写真:千葉 和浩 2012/07/22)

前 次安間佐千 WC初優勝!

* 7月12、13日におこなわれたWC2012リードの開幕戦シャモニーで安間佐千が見事優勝した。日本人のリード優勝は2000年の平山ユージ以来の快挙である。

* また小田桃花が大健闘、3位に入賞した。惜しかったのが松島暁人で、準決勝で7人の4位タイのひとりだったのだが、予選の成績により決勝進出はならなかった。

男子
1安間 佐千
2ラモン・ジュリアン
3ショーン・マッコール
------
10松島 暁人
27羽鎌田 直人
39樋口 純裕
49中原 栄
女子
1ミナ・マルコビッチ
2キム・ジャイン
3小田 桃花
------
18小林 由佳
28尾上 彩

(北山 真、写真:千葉 和浩 2012/07/14)

前 次リード日本代表とWC参加希望者へ

* 以下が2012年リード日本代表選手です。WC参加希望者は2ヶ月前までに(もちろん早いほうが良い)、北山(rocksnow869@gmail.com)にご連絡ください。

* 近々ではプールズが7月20日、アトランタが7月28日が締め切りです。また印西大会は若干の協会推薦枠が設けられる予定です。

女子 10名
S代表該当者無し
A代表小田 桃花、野口 啓代
B代表
(優先順)
小林 由佳、尾上 彩、水口 僚、大田 理裟、飯田 あづみ、竹内 彩佳
遠藤 由加、榊原 佑子
男子 15名
S代表安間 佐千
A代表松島 暁人
B代表
(優先順)
樋口 純裕、渡辺 数馬、笠原 大輔、羽鎌田 直人、中原 栄、芝田 将基
楢崎 智亜、小澤 信太、是永 敬一郎、藤井 快、尾形 和俊、沼尻 拓磨
杉本 怜

* S代表、A代表は、昨年の国際大会の成績によるものです。

(北山 真 2012/07/04)

前 次世界選手権、印西ワールドカップ代表選手

世界選手権(9/12〜16 パリ)
ボルダー女子野口 啓代
男子堀 創、清水 敦、杉本 玲、新田 龍海、小澤 信太
リード女子小田 桃花、小林 由佳
男子安間 佐千、松島 暁人、樋口 純裕、渡辺 数馬
ワールドカップ印西大会(10/27〜28)
女子 小田 桃花、野口 啓代、小林 由佳、尾上 彩、水口 僚、太田 理沙
飯田 あづみ、竹内 彩佳、遠藤 由加、榊原 裕子
男子 安間 佐千、松島 暁人、樋口 純裕、渡辺 数馬、笠原 大輔、羽鎌田 直人
中原 栄、柴田 将基、楢崎 智亜、小澤 信太

* なお印西について、S代表、A代表以外は、なるべく早く参加、不参加の意向北山まで(メールで!)連絡(rocksnow869@gmail.com)のこと。

(北山 真 2012/07/04)

前 次第3回アジアンビーチゲームズ

* 6月16日〜22日、中国・海陽で開催されたアジアンビーチゲームズに今年からクライミングが採用された。日本からボルダーに野口啓代、安田あとり、堀創、清水淳が、リードに小林由佳、安間佐千、樋口純裕の7名が参加した。どのカテゴリーでもやはり日韓戦となり、最終的な日本のメダル獲得は5個。これは予想通りといえるが、金メダル確実と思われた、野口、安間が2位に終わったのは残念であった。

男子
リード
1ミン・ヒュンビン
2安間 佐千
3パク・ジーワン
4樋口 純裕
ボルダー
1清水 淳
2堀 創
3ミン・ヒュンビン
女子
リード
1キム・ジャイン
2ハン・セウラン
3小林 由佳
ボルダー
1キム・ジャイン
2野口 啓代
3サ・ソル
5安田 あとり

(北山 真 2012/06/24)

3rd Asian Beach Games

前 次緊急! 2012ワールドカップ定員の変更

* これまで補欠(Supplementary)の枠があり、事実上無制限の出場が可能だったワールドカップだが、本年よりSupplementarの規定がルールから削除され、開催国以外の基本的な定員は4名までとなった。これに、世界ランキング10位までの選手の枠があるので、ボルダーに関しては野口、堀を加え5名ということになる。(Rules2012 11.4.2 下に引用)

* とりあえず第4戦インスブルックまでの大会に関してはぎりぎり問題ないが、ボルダーのヴェイル、リードのシャモニなどの人気大会では、定員オーバーが予想されるので、出場希望選手は必ず大会の2ヶ月前までに、出場の意思を北山(rocksnow869@gmail.com)までメールでお知らせいただきたい。特にヴェイルは、必ず今週中に連絡をお願いしたい。

* 優先順位はS代表→A代表→B代表(ボルダリングジャパンカップの成績順)である。2ヶ月前を過ぎても申し込みがない場合は、下位の申し込みがあった選手に権利が移るので注意されたい。

Rules 2012

11. WORLD CUP SERIES

11.4.2

  • Any current Adult/Youth World/Continental Champion (only for the Discipline in which they are champion);
  • Any competitors ranked tenth (10th) or above on the relevant World Ranking at the registration deadline for the competition; and
  • In addition to (a) and (b), for each Category and Discipline of the competition:
    • Where the member federation is not the host country: up to four (4) further competitors; or
    • Where the member federation is the host country: up to twelve (12)further competitors.

(北山 真 2012/04/03)

前 次国際大会に出場を予定する選手へ

* 国際大会への日本山岳協会派遣選手の経費負担は、最終的に次のように決定しましたのでご確認ください。

  • 代表選手(S、A、B全員)は、登録書類に必要事項を記入した上で登録料として30,000円を日本山岳協会に納める。
    内訳:選手登録料、国際ライセンス料、初回国際大会参加料、ユニフォーム支給費用、事務手数料
  • 2戦目以降の参加料は5千円とし、シーズン終了後にまとめて支払っても良い。尚、世界選手権大会、アジア選手権大会については多少額が高い。
  • 代表選手は派遣期間全てをカバーする旅行傷害保険に加入すること。
  • ユース代表選手の登録料は10,000円とし、大会参加費と一緒に日本山岳協会に納める。
    内訳:国際ライセンス料、ユニフォーム支給費用、事務手数料
    ※ ユース大会以外の大会に参加して、代表登録したユース選手は、ユース代表選手の登録料はなし。

(北山 真 2012/03/16)

前 次ボルダリングWC第1戦、アジア選手権参加選手へ

* 4月13日〜14日のBWC第1戦に出場予定の選手で、カレンダーのスターターに名前がない人はすぐに北山(rocksnow869@gmail.com)にメールで連絡してください。

* 出場資格のある選手は以下の方々です。

ボルダリング男子

S代表=堀創
A代表=清水淳、杉本怜
B代表=新田龍海、安間佐千、茂垣敬太、山内誠、尾崎晃一、濱田健介、村井隆一、小澤信太、山内祐樹、津守暁斗、藤井快、千本木洋介  以上15名

ボルダリング女子

S代表=野口啓代
B代表=小田桃花、五月女美元、水口僚、竹内彩佳、松島由希、遠藤由加、江口かおり、安田あとり、萩原亜咲 以上10名

* 4月25日〜28日に中国広西省のLeyeで開催されるアジア選手権(リード、ボルダー)の参加申込みは23日(金)までです。

* 出場資格者は、ボルダーは上記に同じ。リードは昨年度の代表を継続。なお定員に余裕があった場合、ボルダー代表として出場する選手が、リード競技にも出場することができます(もちろんその逆も)。ただしその場合参加費は倍になります。

(北山 真 2012/03/16)

パタゴニア
12年3月
ボルダリングWC第1戦、アジア選手権参加選手へ
国際大会に出場を予定する選手へ
12年4月
緊急! 2012ワールドカップ定員の変更
12年6月
第3回アジアンビーチゲームズ
12年7月
世界選手権、印西ワールドカップ代表選手
リード日本代表とWC参加希望者へ
安間佐千 WC初優勝!
安間佐千 リードWC 2連勝!
12年8月
小田桃花ワールドカップ優勝!
LWC韓国(モッポ)の出場希望について
印西WCの出場意志表明について
アルコ・ロックジュニアで森秋彩さん完全優勝
12年9月
印西ワールドカップのウエブサイト開設
12年10月
印西ワールドカップのタイムスケジュール変更
印西ワールドカップ会場へのシャトルバス時刻表
12年11月
安間佐千 ワールドカップ年間優勝!
2013年度日本代表選手について


このページのトップへ