JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

REBOLT 〜 岩場整備事業 〜

岩場整備トップ 岩場整備状況 JFAのルート整備基準 終了点の種類と使い方 整備講習会 参考資料

JFAの岩場環境整備活動は
コンサベーション・アライアンス・ジャパン
(CAJ=アウトドア環境保護基金)
の支援を受けて
おこなわれています

コンサベーション・アライアンス・ジャパン

JFAでは、岩場の終了点、プロテクションなどの交換、
残置スリング、不要ボルトの撤去などを行っています

ゴチャゴチャの終了点 -> ラッペルステーションに交換

ゴチャゴチャの終了点

ラッペルステーション

城ヶ崎の腐ったアルミハンガー -> グルーインボルトに交換

腐ったアルミハンガー

グルーインボルト

城ヶ崎で15年を経過したRCCボルト -> 140mmの全ネジボルトとケミカル アンプル

15年を経過した
RCCボルト

全ネジボルトと
ケミカルアンプル

 

 対象となる岩場は、フリークライミングのエリアとして一般に認知され、利用頻度が高く、またアンカー類の老朽化が進んでいるエリアです。

 現段階では、小川山、城ヶ崎をメインに、二子山、湯河原幕岩、城山、奥多摩周辺などで、関東周辺に偏っているのが現状ですが、関西や北海道のいくつかのエリアでも整備が行われています。

 今後は各地との協力体制を整え、整備レクチャーなどを実施するとともに、全国に活動の幅を広げていく予定です。 当面の目的は、老朽化したプロテクション(ボルト)の打ち替えや、終了点の交換、設置などによる「整備」ですが、不要な残置スリング類の撤去、支点に迷彩を施すなど「美化」にも力を入れています。

 

岩場整備基金へのご協力をお願いいたします

We're Re-bolting

岩場整備基金への寄付は、下記の銀行または郵便振替口座の他、クレジットカードでも入金することが可能です。また一部のクライミングジムなどに募金箱を設置してあります。

郵便振替 振替口座番号 : 00130−1−566878
加入者名 : 日本フリークライミング協会

※ 郵便振替の場合、通信欄に「岩場整備基金寄付」と明記してください。

銀  行 三菱東京UFJ銀行 登戸(のぼりと)支店 普通預金 0255356
特定非営利活動法人日本フリークライミング協会 岩場整備基金

クレジットカードについては、こちらをご覧下さい。

以下の各企業、団体、個人の方々から寄付を頂きました。ここに謹んでお礼申し上げます。
また、この他にも匿名希望での寄付を多くの方から頂戴しております。

2016年度 総計831,733円

企業/団体など

クライミングジムヒグラシ 様、ババケンチク 様、吹田市のクライマー 様、仙登会 様
アモイクライミングクラブ 様、MAHOROBA FOREST 様、四国クライミングエリア情報ネットワーク 様

個人

吉川 雅幸、悦子 様、星野 公子 様、椎名 進 様、森 宇征 様、ヨダ シンゴ 様、高内 直己 様、宮脇 一貫 様
高橋 良治 様、岡上 理恵子 様、東 秀磯、美和子 様、仕立 亮一 様、ヨコヤマ 様 他、平塚 伸世 様
藤尾 哲也 様、古畑 雅士 様、イケダ 様、森田 修弘 様、田中 恒夫 様、前之園 多幸 様、今北 学、伸子 様
タケトウ 様、ヤマグチ 様、上野 明日香 様、岩崎 豊 様、南河 剛 様、北崎 淳史 様、廣瀬 政廣 様
宮田 尚文 様、荒木 美和 様、佐野 大地 様、オカダ モリフミ 様

イベント関連など

竢o版イベント(クライムオン)来場者、鳳来清掃集会参加者、フジテレビ(取材協力謝礼)

(順不同)

2015年度 総計275,000円

企業/団体など

TC-NET事務局 様、長崎県フリークライミング協会 様、山と渓谷社 様

個人

廣田 順一 様、坂本 博文 様、遠山 勝二 様、北崎 淳史 様、廣瀬 政廣 様、梅原 憲治 様、
上野 明日香 様、井上 大助

(順不同)

2014年度 総計74,000円

企業/団体など

アモイクライミングクラブ

個人

北ア 淳史 様、井川 和行 様、岡田 守史 様

(順不同)

このページのトップへ