JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2014年 10月 〜 12月    2015年1〜3月へ2015年1〜3月へ  2014年7〜9月へ2014年7〜9月へ

前 次 瑞浪の岩場周辺での林道工事

* 岐阜の瑞浪の岩場への林道が来年3月20日まで工事に入ります。「基本、路肩駐車禁止」となりますので、遵守願います。路肩の広くなっている部分は駐車可能だそうですが、現場作業員の方の指示には従ってください。カーブ付近やコンクリート打設時など特に大型の工事車両が入る場合は注意いただきたいとのことです。

* また日曜日は休工だそうですが、祝日は工事がおこなわれます。特に12月23日と1月12日にはコンクリート打設のため大型車輌の通行が予定されるため、自動車の駐車を特に自粛して欲しいとの要請がありました。

* クライマーの皆様のご協力をお願いいたします。

JFAのfacebook

(14/12/21)

前次 中里の岩場 理事長岩で崩落

* 12月20日に標記の岩場で岩の崩落があり、危険な状態であるという情報が寄せられました。崩落の際に登っていたクライマーのパーティーは、怪我をしましたが、ヘルメット着用により大事には至らず自力下山されたとのことです。同岩場に行かれる方はヘルメットを持参するなど、十分に注意してください。

“シャレード”と“ジャスミン”の間で、3番目のボルト付近にあるフレークが崩落しました。

元々は横1.2m、縦0.6m、奥行10〜15cmほどあったフレークの、左2/3が落下して右1/3がまだ残っています。危険なため触っての確認はできていませんが、非常に不安定な状態だと思われます。

理事長岩については、他にも“With”にてホールド欠けなどがあり、全体的に不安定な印象です。ヘルメットをぜひ着用されること。また、万が一のことを考え、3人以上で行かれることをお勧めいたします。

(14/12/21)

前次 茨城県大子町でクライミングを通した地域おこしスタッフの募集

* 総務省がおこなう地方再生事業の一つに「地域おこし協力隊」というものがあります。「地方自治体が、都市住民を受け入れ委嘱。地域おこし活動の支援や農林漁業の応援、住民の生活支援など「地域協力活動」に従事してもらい、あわせてその定住・定着を図りながら、地域の活性化に貢献」する、というものです(総務省発行のパンフレットより)。

* 茨城県大子町では、クライミングで地域おこし協力隊を採用しており、今年度はユース大会などで活躍した長谷川美玲さんが働いています。

* クライミングでの地域おこし協力隊は全国で初の事例です。町では来年度以降の協力隊を募集しています。「都会を離れて地方で生活したい」、「地域社会に貢献したい」、「人とのつながりを大切にして生きていきたい」、「自然と共存したい」というクライマーの方は、12月に募集要項が発表されますので、一度検討されてはいかがでしょうか。

(14/11/14)

* 要項が発表されました。関心のある方は下のリンクよりご覧下さい。

平成27年度大子町地域おこし協力隊募集

(14/12/02)

前 次日和佐の岩場での駐車について

* 先日JFA役員が日和佐の岩場に行った際、会員特典に協力いただいている農家民宿クニ桝田にご挨拶に伺ったところ、「暗くなるまで駐車している車があると、釣り人が遭難しているのではないかと心配になる」という話が出ました。クライマーの車が遅くまで駐車していることが多いため、こうしたご心配をおかけしてしまうことになっています。

* そこで鳳来でおこなわれているように、クライマーの車である目印としてミラーにクイックドローをかけておくように呼びかけるという話をし、クィックドローのサンプルをお渡ししました。

* 今後、日和佐を利用される方は、駐車時にミラーにクイックドローをかけておくようにしてください。また地元の方に心配をかけないために、暗くなる前に早めに戻るようご協力をお願いいたします。

(14/11/09)

前 次 北川の岩場における喫煙について

* 北川の岩場の利用上の注意については、以前お知らせいたしましたが、最近岩場での喫煙が目立つという情報が会員の方から寄せられました。

* 利用上の注意にあるように、山火事防止のため火気厳禁です。焚き火はもちろん、ガスコンロ等の使用、タバコは控えてください。

* 北川を利用される方は、あらためて利用上の注意の内容をご確認の上、利用されるようお願いいたします。

(14/10/30)

前 次 香落渓の事故及び注意文掲示について

去る9月20日、香落渓の岩場(第一岩壁)で事故が発生しました。

当事者は『でかいつらダイレクト』下部からつなげて『スネークマン』を登攀後、懸垂下降中にロープの一方の長さが足りず、いわゆる「すっぽ抜け」して20m程墜落しましたが、重傷を負ったものの命には別条なく、現在復帰を目指し療養中です。

掲示された注意文

今回の事故を受け、当日岩場にいた者と香落渓に通うクライマーが集まって話し合った結果、岩場に注意文を掲載することになりました。

香落渓に来られる方は必ず読んでいただき、お互いに注意喚起できる環境を作り出していきたいと思います。

注意文は、第一岩壁の『直登』テラス及び同下部テラス状に、テープで固定して掲示しています(右写真)。

以下、注意文全文です。

クライマーの皆様へ

9月20日、この岩場(第一岩壁)で事故が発生しました。

ルート登攀後の懸垂下降時、ロープ長さが足りず、いわゆる「すっぽ抜け」による墜落です。事故者は重傷を負ったものの、命には別条なく、復帰を目指し療養中です。

事故の直接の原因は極めて初歩的なミスの積み重ねによるものでした。

この岩場はルートが長く、また中間テラスから始まるルートも多く、他の岩場にはない危険な要素が多々あります。ここは整備の行き届いたスポートクライミングの岩場ではありません。前述のようなミスはただちに重大事故につながりかねません。

アルパインクライミングに向かうつもりで、細心の注意と覚悟を持って臨んでください。

この岩場では、これまでも事故が何件か発生しています。この次事故を起こせば、私たちはこの素晴らしい岩場を失うことになるかもしれません。

これ以上事故を起こさないために、以下のことを実行するようお願いします。

ヘルメットを着用して下さい。

クラッククライミングでは手掛かりにするクラックにプロテクションをセットするため、ロープが足に絡まりやすく、頭部を下にしてフォールする可能性が高いです。

また、主なルートは比較的安定していますが、上部の樹林帯、終了点のテラス、クラックの奥には浮石が溜まっている場合もあり、落石の危険は常にあると考えてください。

リーダーが誤って落とすギアも危険です。クイックドロー程度であれば痛い目で済むかもしれませんが、大型カムが頭部直撃すれば只ではすみません。

登る前、ロープの末端には結び目を作ってください。

ここのルートは長いものが多く、60mロープでもロワーダウン出来ない場合もあります。すっぽ抜けはただちに重大事故につながります。ルートの長さで、結ぶ結ばないを選択するのはお勧めできません。思い違いは誰にでも起こりうることです。

大した手間ではありません、ロープ末端には必ず結び目を作りましょう。

登る前にパートナーと相互に安全チェックをしてください。

声を出しての指差し確認が効果的です。

  • 「結び目よし!」 結び忘れていないか、結び目が正常か確認
  • 「ハーネスよし!」 正しく装着しているか、バックルの折り返しの確認
  • 「ビレーよし!」 確保器は正しくセットされているか、ビレーグローブはしているか確認
懸垂下降には細心の注意を払ってください。

下降に際しての事故が多いです。下降の前に、以下の手順を省略することなく確実に実行してください。

  • ロープの長さは揃える。
  • ロープの末端には結び目を作る。
  • ロープがテラスに届いていることを確認する。
  • プルージックでバックアップする。
  • グローブは装着する。

2014年9月28日

香落渓で登り続けたいクライマー有志の会
尾形 達也

(14/10/29)

前 次都岳連 第4回医科学研修会のお知らせ

第4回クライマーのための医科学研修会につ付きましては、お陰様で募集人数の60名に達しました。

しかしながら、参加希望にお応えするために席の増設を検討しています。

希望される方は、12月7日(日)迄に申込をお願い致します。

クライマーなら知っておきたいアンチドーピングと傷害のこと

* ドーピングとスポーツ障害についての研修会が、(公社)東京都山岳連盟の主催で、下記の通り開催されます。

日 時平成26年12月14日(日) 10:00〜 (受付9:30〜)
場 所明治大学和泉キャンパス 体育館講義室
参加費1,000円 (※東京都国体選手,強化選手,東京都高体連加盟校生徒は無料)
募集人数60名
対象者クライマーに関わる方 (選手,一般クライマー,保護者.指導者 他)

※ 希望者は終了後、明大ウォールで登ることができます

プログラム

10:00開会式
10:05
(50分)
アンチドーピング最新情報
西嶋 久貴 氏国立障害者リハビリテーションセンター病院薬剤科長
JADA公認スポーツファーマシスト
11:05
(45分)
傷害のこと(総論)〜データに基づ いたクライマーの傷害〜
西谷 善子 氏明治大学文学部兼任講師 日本山岳協会医科学委員
(お昼休憩 60分)
12:50
(60分)
傷害のこと(各論)
〜肩関節周囲の外傷 肩関節の機能解剖からリハビリテーションまで〜
岡坂 政人 氏行徳総合病院 リハビリテーション科 技士長 理学療法士
14:00
(100分)
からだの使い方(理論&実技)〜ケガをせず強くなるために〜
三浦 千紗子 氏ストレングス&コンディショニングトレーナー
15:40閉会式
15:45クライミング (最大2時間)

パンフレットはこちら

* 競技に参加される方は無論のこと、一般のクライマーの方にも有益な内容です。参加を希望され方は、下記までメールで参加希望のご連絡の上、ご参加下さい(当日受付可)

問合せ先メールアドレスQRコード

公益社団法人 東京都山岳連盟 競技部 西嶋

Email:申込み先メールアドレス

※ 上のアドレスは画像ですので、コピー&ペーストはできません。
必要な方は、右のQRコードをご利用下さい。

(14/10/14)

パタゴニア Photo: Barbara Rowell
14年10月
都岳連 第4回医科学研修会のお知らせ
香落渓の事故及び注意文掲示について
北川の岩場における喫煙について
14年11月
日和佐の岩場での駐車について
茨城県大子町でクライミングを通した地域おこしスタッフの募集
14年12月
中里の岩場 理事長岩で崩落
瑞浪の岩場周辺での林道工事


このページのトップへ