JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2014年 1月 〜 3月    2014年4〜6月へ2014年4〜6月へ  2013年10〜12月へ2013年10〜12月へ

前 次湯河原幕岩 “スーパータクティクス”のハンガーに緩み

* 会員の方から寄せられた情報によると、同ルート2本目のハンガーが緩んで回転する状態とのことです。トライされる方は、締め直し用のレンチを持参し、安全確認の上、登っていただくようお願いいたします。

* また全体に、気温の変化の激しい時期は、ボルトやナットが緩む可能性が高くなります。基本装備として締め直し用のレンチを持参し、ボルトルートに取り付かれるときは、ハンガーの緩みに注意するよう心がけてください。

(14/03/26)

前 次阿寺の岩場 安全祈願祭

* 埼玉県飯能市にある『阿寺の岩場』は地元の方が文字通り「開拓」した岩場で、2013年5月に公開されました。

* この岩場の安全祈願祭が、4月5日(土)におこなわれますので、ぜひご参加下さい。

* 詳細はアルパインクラブ山遊人のブログをご覧下さい。

参加案内(PDF)

(14/03/06)

前 次王子ヶ岳清掃活動とボルダリングを安全に行うための実演会

王子ヶ岳清掃活動フライヤー

* 3月9日(日)9:00より王子ヶ岳の清掃活動が行われます。

* 清掃活動後の12:30よりJFAによる、ボルダリングを行う上での墜落とスポットの基本技術、そしてフィールドでのルールとマナーについて実演会が行われます。講師は地元の山本譲氏と室井登喜男氏のお二人です。

* 詳細は岡山フリークライミングクラブのブログをご覧下さい。

(14/02/16)

前 次 城ヶ崎 赤沢港 ダイバーズルーフの駐車場について

* 最近、同地を訪れた会員の方が、港に面したすぐ近くのダイビングスクールの方から、以下の注意を受けました。

  • 最近、ここの岩場を登りに来る人が、駐車場代を払わない。
  • その上にトイレや水道を使う。

* 直接のトラブルになっている状態ではありませんが、今後このエリアを利用される方は以下の点を守って下さい。

  • 赤沢ダイビングセンターの駐車場を使用する場合には、ダイビングセンターに使用料1000円を支払ってください。
  • なおその場合も、ダイビングセンターの施設であるトイレ、水道の使用はできません。トイレと水道はすぐ上の国道脇の施設を利用して下さい。

* ご協力をお願いいたします

(14/02/16)

前 次 新城市が「地域おこし協力隊」を募集

* 鳳来の岩場の地元、新城市が「地域おこし協力隊」を募集しています。

* このうち「スポーツ観光振興活動」の担当は、「アウトドアスポーツに関する情報発信」、「アウトドアスポーツを観光として展開するための調査、研究、新規イベントの誘致及び企画運営等」、「アウトドアスポーツ活動基盤の整備」などがその業務となっており、クライミングを通じた地域活性化もその範疇に含まれています。

* 新城市内への転居が必要ですが、拘束時間外の兼業も可能のようです。本年の申込期間は2月14日までと差し迫っていますが、 来年以降も増員を検討しているとのことですので、「鳳来で登ってクライミングで地域活性するぞ!」と言う方がいらっしゃいましたら、是非ご検討下さい。

新城市ウエブサイト

(14/02/02)

前 次 鳳来の鬼岩周辺で間伐――日程が確定

* 鳳来の鬼岩周辺での間伐作業について、日程が確定しました。

* 期間は1月27日(月)〜2月7日(火)(土曜・日曜は除く)の間、乳岩への分岐の先が通行止めとなります。ただこう言った作業の場合、天候により多少変更がある可能性がありますのでご注意下さい。

* またこの期間の終了までは「鬼岩周辺での荷物の残置もご遠慮ください。」とのことですので、ご協力をお願いします。

* 詳細は“クライミングジム・ボルダ109 & SDCC”のブログを参照下さい。

(14/01/28)

前 次 鳳来の鬼岩周辺で間伐――追加情報

* 先にお知らせした鳳来の鬼岩周辺での間伐作業ですが、新城市役所から新たな情報が入ったとのことですので、ご紹介します。

今週から3月末までの間に10日間ほど鬼岩周辺の間伐を実施するそうです。日程は天候や受託事業者の都合で確定できないとのこと。

基本的に平日に実施するそうですが、天候により納期が近づいた場合に変更の可能性があるとのこと。

実施する際にはその旨を登山者やクライマーに伝える人員を配置する予定とのことですが「乳岩駐車場ではなく、間伐エリアの入り口に配置されるのではないか」とのこと。(受託事業者と行政の連絡も密ではないのでこのような表現になるようです。)

曖昧な情報ですいませんが、鬼岩に登りに行かれる予定のある方。適宜な対応をよろしくお願いします。

(以上、“クライミングジム・ボルダ109 & SDCC”のブログより引用)

(14/01/08)

前 次 湯河原幕岩 “最高カンテ”上部が崩落 今後も落石の危険

* 会員の方から以下の情報が寄せられました。

1月1日15:30頃、湯河原幕岩 茅ガ崎ロックの桃源郷で帰り支度をしていたところ、大きな崩落音と共に岩が転がっていくのを見かけました。 転がって来た方向が希望峰と近かったので見に行くと、最高カンテの上部に岩が剥がれた後がありました。幸い登攀中の崩落ではなく、自然崩落で怪我人はいませんでした。

落ちた岩は80cm〜100cmサイズで、梅林の木をなぎ倒し止まっていました。崩落した岩の上にもまだ剥がれ落ちそうな雰囲気の岩があり、それも崩落した場合はまた梅林へ転がって行くことが予想される為、その付近には近寄らない方が良いと思われます。

* 正月休みで人出の多いことが予想されます。梅林の観光客のハイシーズンを控え、落石による事故が発生した場合、以前の正面壁への立ち入り禁止同様の措置が取られる可能性もます。文中にもありますように、周辺への立ち入りは安全性が確認されるまで控えていただきますようお願いいたします。

最高カンテを見上げる 注意書きとロープ

(14/01/01、14/01/05 写真追加)


この残っているブロック全体が崩落する可能性もある。今回浮き石を落とした跡

* 1月17日に、正面壁開放に関わったインストラクター有志、労山関係者、JFAスタッフで、残っている浮き石の確認と撤去をおこないました。

* 人の力で動かせる浮石は可能な限り落としましたが、今後も崩壊が進む可能性があるので、影響のある周辺のルートのボルトを撤去しました。そのため以下のルートが、消失しています。

  • 最高カンテ
  • 割礼
  • ジロー
  • アローエンジェル

* 最高カンテの右上にある“垂壁伝説”などへのアプローチは、従来の“最高カンテ”の下を通らず、手前に新設した踏跡から上がるようにしてください。また上部エリアなどへ向かわれる際は、“最高カンテ”下付近では立ち止まらずに、すみやかに通過するなどの安全対策を行なってください。

* また同日、茅ケ崎ロック アリババの岩場の“コンマクラック”上部の大きな枯れ枝の撤去、正面壁 “ラナ”下部浮石(2個所)撤去、“No.1ルート”終了点左側の浮石撤去と、てんとう虫から正面壁へのアプローチ付近のトラロープ補修と追加をおこなっています。

(14/01/19 追加情報、1/20 一部訂正)

1月1日に崩落した岩今回落とした浮き石
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
14年1月
湯河原幕岩 “最高カンテ”上部が崩落 今後も落石の危険
鳳来の鬼岩周辺で間伐――追加情報
鳳来の鬼岩周辺で間伐――日程が確定
14年2月
湯河原幕岩 “最高カンテ”上部が崩落 今後も落石の危険
新城市が「地域おこし協力隊」を募集
城ヶ崎 赤沢港 ダイバーズルーフの駐車場について
王子ヶ岳清掃活動とボルダリングを安全に行うための実演会
14年3月
阿寺の岩場 安全祈願祭
湯河原幕岩 “スーパータクティクス”のハンガーに緩み


このページのトップへ