JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2012年 1月 〜 3月     2012年4〜6月へ2012年4〜6月へ   2011年10〜12月へ2011年10〜12月へ

前 次 “ROCK&SNOW”誌から女性用クライミングシューズプレゼント

* “ROCK&SNOWロクスノ”誌(山と渓谷社)55号の女性用クライミングシューズ特集でテストに使用したシューズをプレゼントするとのことです(この情報は、編集上の手違いで同誌には掲載されておりません)。

* 対象モデルはアナサジLV、エレクトラVTR、LDハイブリッド、スピリットレディの4種類で、サイズは女性24.0〜24.5cm相当になります。ご希望の方は、同誌の巻末にある綴じ込みハガキにモデル名を書いてご応募ください。

(2012/03/08)

前 次 兜岩(山梨県)が山火事のため登攀自粛

* 山梨県フリークライミング情報によれば、山梨県の兜岩で1月29日にクライマーの過失による山火事が発生。これにより現在兜岩は登攀自粛となっております。

* 詳細は山梨県フリークライミング情報をご覧下さい。なお現在同サイトは、全てのディレクトリがこの情報のみとなっており、他のエリアの情報へのアクセスは出来なくなっているようです。

(2012/02/09)

前 次 MAMMUT CLIMBING FESTA 2012

* 岡山県倉敷市のrocks CLIMBING GYMで、オープン3周年を記念して標記のイベントが3月11日(日)に開催されます(要申込み)。以下の内容が予定されていますので、ぜひご参加下さい。

  1. 初めてのクライミング体験
  2. ボルダリング講座
  3. リードクライミング上達講座
  4. 頑張るキッズクライマー養成講座
  5. クライマーのためのストレッチ講座(遠藤由加)
  6. マムート商品抽選会

* 詳細は要項をご覧下さい。また、この他MAMMUT商品展示説明即売会を終日行います。

イベント要項    申込用紙


* また前日の12日(土)にはリードのコンペ、MAMMUT SPORT_CLIMBING COMPETITION 2012(C5TOUR 第4戦)も開催されます。

(2012/02/06)

前 次 湯河原幕岩の利用について(再確認)

* 湯河原幕岩下の梅林では、2月4日(土)より「梅の宴」も始まり、観光客が増加します。それを前に、湯河原幕岩の利用について、再度お知らせいたします。

* 現状では、「てんとう虫ロック」から向かって左側一帯の全てが、立ち入り禁止(クライマーだけではなく、一般の方も立ち入り禁止)となっています。したがって「てんとう虫ロック」、「正面壁」、さらに奥の「ニューエリア」まで含めて、クライミングをおこなうことはできません。

* 「てんとう虫ロック」の落石発生後の規制開始直後に、正面壁については規制の対象外という情報が流れたことがありますが、その後、禁止が確認されています(NEWS 2010年1〜3月)ので、ご注意下さい。

* 先の豊田のボルダーの項でもお伝えしましたが、保安林内でのクライマーの火器使用を、町当局が理由の一つに上げているという話が伝わっています。岩場周辺での火器の使用は行わないようにお願いいたします。

* その他、駐車場についても、「梅の宴」期間内(2月4日(土)〜3月11日(日))は一般観光客を優先とし、長時間駐車するクライマーの方は下方の駐車場をご利用ください。

(2012/01/26)

前 次 岩場周辺でのマナーの再確認を

* 豊田のボルダー周辺での利用上のマナーについて、会員の方から情報が寄せられました。内容は駐車場でのテント泊、岩場周辺での火の取り扱いです。

* 現在、岩場周辺でのクライマーの行動が原因で禁止、自粛になっている岩場がいくつもあります。東海では、豊橋の石巻山があります。豊田でも霧山エリアがネット公開後に登攀自粛になったばかりです。マナーの問題は豊田だけの話ではありません。あらためて岩場を利用する際の注意事項についてご確認をお願いいたします。

* まず第一は駐車場です。指定された駐車場に駐めるのは無論のことですが、都市周辺の公園地の駐車場内でのテント泊は禁止とお考えください。場所によっては車中泊も行うべきではありません。豊田については『Rock&Snow』誌#39のP.129、P.131に駐車場や宿泊についての注意事項が記載されていますので、ご確認ください。

* また、タバコをすいながら灰を落ち葉の上に平気で落としているクライマーが見られるとのことです。そうした行為は山火事につながりかねません。湯河原幕岩の禁止問題でも、保安林内でのクライマーの火器使用を、町当局が理由の一つに上げているという話が伝わっています。樹林や草原の中や周辺は火器の使用や喫煙は不可と考えてください。火器の使用が認められている場所でも、火の管理と後始末はきちんと行ってください。

(2012/01/10)

前 次 飯能 多峯主山の岩場が登攀禁止

* 先日 登攀自粛になった天覧山の岩場の近くにある多峯主山の御嶽神社下の岩場が、登攀禁止になったという情報が寄せられましたので、利用されないようお願いいたします。

* 理由など詳細は不明ですが、地主名でクライミング禁止の看板が昨年末に建てられたとのことです。

(2012/01/10)

前 次 沼津 鷲頭山の岩場の駐車場が閉鎖

* 沼津 鷲頭山の岩場の駐車場については、岩場の取り付き付近には適当な駐車スペースがなく、『日本100岩場』(山と渓谷社刊)でも海岸沿いの駐車場に駐める旨の記述となっていますが、この駐車場が閉鎖されているという情報が、会員の方から寄せられました。

* この閉鎖が恒久的なものか一時的なものかは不明ですが、近辺には公共の駐車スペースが見当たらないようです。行かれる方はご注意ください。

(2012/01/10)

前 次 湯河原幕岩 サンバリーでボルト脱落の恐れ

湯河原幕岩 サンバリーの抜けかけたボルト

* 湯河原幕岩 サンバリーの、“ドロドロトロ”、“ミスサイゴ”、“満腹食堂”の3ルートで共通に使用するボルト(下から2本目)が、抜けかかっているという情報がJFAに寄せられました。同エリアに行かれる方はご注意いただくようお願いいたします。

* 茅ヶ崎ロックの奥の一帯は、先日のピーターパンロックでのアルミハンガー破断でわかるように、リボルトが行われておらず古いボルトが多く残っています。他のルートにおいても、ボルトの状態を確認の上で登られるようにお願いいたします。

* また、こうした支点の異常などを発見された方は、できるだけ写真を添えて、具体的な状況(アンカーそのものの異常かハンガーを固定するボルトなどの異常か、など)、アンカーやハンガーの種類(ハンガーボルトかRCCボルトか、リングボルトか。ハンガーボルトであればハンガーの材質、アンカーのタイプなど)をおわかりになる範囲でお知らせいただければ判断、対応がスムーズになりますのでご協力をお願いいたします。

(2012/01/03、01/04 写真追加)


* 1月13日(金)にサンバリーのリボルト作業を実施する予定です。ケミカルアンカーを使用するため、液剤の完全硬化までは登らないようにお願いいたします。

* 完全硬化には、最低24時間程度が必要です。15日以降は一応クライミングが可能な状態になりますが、できれば今週末の利用は控えていただければと思います。また最初に登られる方は念のため、アンカーの状態をよく確認しながら登られるようにお願いいたします。

(2012/01/12)


* 1月13日(金)にサンバリーのリボルト作業を実施しました。古いオールアンカーの頭がまだ残っていますが、20日過ぎに撤去する予定です。

(2012/01/14)

パタゴニア Photo: Barbara Rowell
12年1月
湯河原幕岩 サンバリーでボルト脱落の恐れ
沼津 鷲頭山の岩場の駐車場が閉鎖
飯能 多峯主山の岩場が登攀禁止
岩場周辺でのマナーの再確認を
湯河原幕岩の利用について(再確認)
12年2月
MAMMUT CLIMBING FESTA 2012
兜岩(山梨県)が山火事のため登攀自粛
12年3月
“ROCK&SNOW”誌から女性用クライミングシューズプレゼント


このページのトップへ