JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2010年 1月 〜 3月    2009年4〜6月へ2010年4〜6月へ  2009年10〜12月へ2009年10〜12月へ

前 次奥多摩 天王岩の駐車場について

* 奥多摩 秋川の天王岩の駐車場について、以下の情報が寄せられました。

あきる野市・天王岩の駐車場ですが、岩場上の駐車スペース(神社前はトラロープが張ってあるので、そこから上手に50m程度行った、肥料会社作業場前のスペース)に駐車させて頂いたところ、そこの従業員の方から「ここに停められては困る。ここは会社の敷地でありいつも迷惑している。お仲間にも伝えて欲しい」と言われました。

当方の駐車も軽率でしたが、他のクライマーもここに停めていることが多いと思います。当日も他の車が駐車してありました。

大きなトラブルになる前に周知したほうが良いかと思い、お伝えしました。

* 岩場の上の道路での駐車は、神社そばのスペースについても地元から認められているかどうかは未確認の可能性があります。ご注意下さい。

(10/03/23)

前 次注意:大沢でのナイトボルダリング

* 一部が通年利用可能になった大沢ボルダーですが、この連休中にナイトボルダリングが行われ、駐在所より注意を受けたとの報告がありました。報告によれば、午後11時頃に「にら」で登っていたとのことですが、今回だけではないようです。

* 「にら」や白妙橋も含め、大沢でのナイトボルダリング、車中泊は厳禁です。

* 大沢のボルダーが利用できるのは、Tokyoトラウトカントリーの営業時間内のみです。周囲には人家も多く、ナイトボルダリングや車中泊は、トラウトカントリーにご迷惑をかけるだけでなく、近隣住民にも不審感を抱かせます。これまで築いてきた信頼関係を揺るがしかねず、このエリアが利用できなくなる可能性すらあります。トポに記載されている注意点を守り、絶対にナイトボルダリングや車中泊をしないで下さい。

※ なお、「にら」はトラウトカントリーの敷地内にあり、利用に当たっては利用料が必要です。

(10/03/23)

前 次大沢ボルダーの一部が通年利用可能に

* 奥多摩・大沢ボルダーの利用期間が、Tokyoトラウトカントリーのご好意により、トポに表示されているC〜Rの岩以外が通年利用可能になりました。詳しくは、最新版のトポをご覧下さい。

* ただし、時期に関わらず、釣り客が優先の場所であることは変わりません。また、ハイシーズン(6月〜9月)には多くの釣り客が訪れます。利用に際しては、周囲に注意を払って、迷惑をかけぬようにご利用下さい。

利用に関する問い合わせ:
Tokyoトラウトカントリー(0428-83-2788)

(10/03/22)

前 次湯河原幕岩正面壁の現状

* 幕岩正面壁については、2年前にてんとう虫ロックで発生した落石をきっかけに、正面壁からてんとう虫ロック一帯が地元行政により立入り禁止となり、その後、正面壁については解除となったことをお伝えしました。

* それが最近になり、この正面壁の立入り禁止の解除について、湯河原市は異なる見解であるということが伝えられています。詳細は確認が取れ次第お知らせしますが、現状では正面壁は立入り禁止であると言うことですので、登ることはできません。クライマーの皆様のご協力をお願いいたします。


* その後、湯河原町との折衝をおこなっている小田原クライマーズクラブから、以下の情報が寄せられました。

最近になって、正面壁において町役場職員から「立入禁止区域になっているので立ち入らないように」と注意を受けたとの複数の情報が入ってきた。

そこで、2月24日(水)に湯河原町役場を訪問して確認したところ、立入禁止区域はアクリル看板にも表示してあるとおりてんとう虫ロックエリヤから西側で、立入禁止区域の指定は2年前から変更していないという回答だった。

土地所有者である湯河原町と良好な関係を維持していくためにも、今後、立入禁止区域の指定が解除されるまで、てんとう虫ロックエリヤから西側には立ち入らないようにしていただきたい。

なお、今後も関係団体と協力し、規制解除に向けて湯河原町と粘り強く話し合っていきたいと考えています。

また、クライマーの駐車場の利用方法について湯河原町から次の要請があったので、徹底を図っていただきたい。

  • 梅の宴開催期間中は、第1、第2駐車場以外の駐車場を利用すること。
  • 駐車区画線に沿って駐車すること。
  • 第3駐車場を利用する場合には、大型バスレーンには絶対に駐車しないこと。
  • また、早朝から駐車して駐車料金を支払わないクライマーもいるとの指摘もあった。
【経緯】
2年前のてんとう虫ロックエリアでの落石発生直後は、一旦てんとう虫ロックエリヤから西側は全面立入禁止の措置が取られました。
その後、てんとう虫ロックエリアには、落石防護柵が設置され、トラロープが張り巡らされ、各所に立入禁止区域を表示したアクリル看板が設置されました。
その時点で、てんとう虫ロックエリアを除き立入禁止区域の指定は解除されたものと誤認したことが原因です。

(10/03/05)

前 次“広沢寺の岩場清掃集会2010”開催

* 例年おこなわれている>“広沢寺の岩場清掃集会”が今年も3月7日(日)に開催されますので、ご協力をお願いいたします。

日時2010年3月7日(日) 9:00〜12:00
主催広沢寺の岩場を守る会
集合8:30 広沢寺前の駐車場
持ち物軍手、ゴミ袋

(10/02/09)

前 次“大沢ボルダー公開セッション” レポート

大沢ボルダー公開セッション

200人以上の方にご参加いただき、成功裡に終了することができました。参加いただいた皆様、ご後援、ご協力いただいた皆様にお礼申し上げます。

* 東京都奥多摩町の大沢地区に昨年オープンした「Tokyoトラウトカントリー」の敷地内にあるボルダーエリアの公開を記念したセッションイベントが、2010年1月31日に開催されました。一部では古くから登られていたエリアですが、今回の公開に合わせた開拓により、多くの課題が整備され、当日には200人以上の参加者を向かえ、大いに盛り上がったイベントとなりました。詳細はfreefan61号に掲載いたしますが、ここではごく簡単にそのご報告いたします。

* セッションイベントに先立ち、前日の30日には、日原クライミング委員会の有志17名により、御前岩基部への祠の奉納が行われました。これは、もともと御前岩の基部にあった祠を、地元の希望により新調するもので、牛澤敬一氏からの寄付金により購入されました。

* 20〜40kgほどの3つに分かれた新しい石造りの祠(右写真)を、有志により手分けをして御前岩の基部まで運び込み、古い祠と交換しました。奉納式には、地元の神主様の他、大沢自治会副会長の大野氏や、地権者である奥多摩工業の遠藤氏も参加され、この地でのクライミングと地元の繁栄が祈られました。

* 翌31日のイベント当日は、朝8時頃から参加者が集まり始め、駐車場がビッシリと埋まりました。9時の受付開始を20分ほど前倒しして開始しましたが、それでも10時まで途切れることなく人の列が続き、後から来た人やスタッフも含めると、230人近い人で賑わいました。

* 10時に予定通り開催式を始め、日原クライミング委員会代表の徳永氏の挨拶の後、来賓としてトラウトカントリー支配人の堀江氏と大沢自治会会長の天野氏の挨拶、イベントスケジュールと注意点の説明と続き、最後にゲストクライマーの平山ユージ氏のかけ声とともに、10時半より参加者おのおのが、配布されたトポを片手にボルダーへと散らばりました。

* セッションイベントであるため、特に制限なく好きな課題で楽しく遊んでもらうイベントでしたが、釣り場のすぐ下の低いボルダーでは勝井クライミングスクール主宰の勝井氏によるボルダー初心者向けの無料講習会の他、ゲストクライマーの平山ユージ氏、草野俊達氏とのセッションが各ボルダーで行われ、参加者を楽しませました。また、協賛企業であるマウントダックスによる展示即売会や、パワーナビによる試飲即売会も行われ、イベントを一層盛り上げました。

* エリアは川原沿いの約300メートルくらいの範囲にあり、約28のボルダーに70を超える課題が設定され、また当日にも新たな課題がいくつか初登されました。クオリティーが高く、またほとんどの人は始めて登る新鮮な岩であるため、どの岩にも人だかりができて、橋の上や道から見てもイベントらしい華やかさをのぞかせました。約200人という参加者も、前週の幕岩清掃と並んで、外岩のイベントとしては、最大規模のものといえるでしょう。

* 15時には一度全員がトラウトカントリーの施設前に集まり、企業各社からの協賛品の抽選会が行われました。抽選された協賛品の数は実に90点以上もあり、参加記念品も合わせると、その数は400点近くにもなったため、参加者はそれぞれ何かしらのお土産を持ち帰ることができました。また、クラックスより提供mいただいたクラッシュパッド2枚のオークションも行われ、激しい競り合いがイベントに華を咲かせました。

* 抽選会は16時前に終了し、それに合わせてイベントも終了となりました。その後は帰る人もチラホラといましたが、17時のクローズまで残って登る人も多く、ボルダーエリアとしての魅力を感じてもらえたようです。心配された怪我人もなく、どのクライマーもマナーよく利用していました。

* 日原クライミング委員会有志の努力と、日本フリークライミング協会の協力、そして後援していただいた各団体、協賛していただいた企業からのご支援により、イベントは大成功に終わりました。大沢地区の方々にも、クライマーでこの地が盛り上がる様子を見ていただき、今後の信頼関係を築く上での土台作りができたことと思います。最終目標としている御前岩の開放までには、まだまだクリアしなければいけない問題がありますが、そのための歩みが確実に1歩前進したといえる一日でした。

* このイベントのために、後援していただいた各団体、協賛していただいた企業、ご寄付をいただいた個人の方々には、心よりお礼申し上げます。

大沢ボルダーMAPはこちら 


主  催日原クライミング委員会
後  援奥多摩町、日本フリークライミング協会、奥多摩観光協会、大沢自治区、Tokyoトラウトカントリー、クライミングフロント「カランバ」
協  賛アシックス(クラウドベール)、アルテリア(ペツル)、イボルブジャパン、エイ・アンド・エフ(グレゴリー)、小澤酒造(澤乃井)、カシオ計算機(Gショック)、カモシカスポーツ、キャラバン(ファイブテン)、好日山荘瑞穂店、ネルソンクライミング(マッドロック、フラッシュト 、パタゴニア、パワーナビ、ファイントラック、フロッグ(エコチョーク)、クライミングジム ライノ&バード、クライミングジム、マーブー、クラックス(MOON、レボリューション)、マウンテンダックス、マジックマウンテン(エーデルリッド)、マムートジャパン、モンベル(レッドチリ)、ロストアロー(ブラックダイアモンド、メトリウス、スカルパ)、ロベット(ロックピラーズ)、兼松繊維(ストーンマスターズ)
後援/取材など山と渓谷社、エイ出版社、学研「OF」編集部、西多摩新聞社

JFA広報委員長 室井 登喜男

(10/02/04)

前 次故 宇佐美 栄一氏を偲ぶ

* “巨匠”の愛称で親しまれていたカメラマン、故 宇佐美栄一氏を偲ぶ会が1月31日にi 行われます。詳細をお知りになりたいかたは、北山までご連絡ください(rocksnow869@gmail.com)。

(10/01/20)

前 次黒山・聖人岩の駐車について

* 聖人岩に出かけられた方から、駐車に関する現状についての投書がJFAあてに届きました。

* まず駐車台数が非常に多く、路肩に駐車できる限界を超えているため、走行車線にはみ出して駐車しているとのことです。また岩場入り口の木に「この場所は、山仕事やゴミ集積のため、駐車は厳禁です」という注意書きが取付けられていますが、そのゴミ集積所の前にも明らかにクライマーのものと思われる車が駐車してあったそうです。

* ここは、近隣に駐車場がある場所です。基本的には駐車場を利用するようにしてください。路上駐車が地元とのトラブルを引き起こす事例は、これまでにいくつもの事例があるわけです。それを引き金に使用禁止になれば、また1つ貴重な岩場が失われます。皆様のご協力をお願いいたします。

* また岩場へのアプローチの上部に、登下降の補助用と思われるフィックスロープが設置されており、そのロープが樹木を傷めているという報告もありました。近日中にJFA役員が状況を確認する予定ですが、このロープ設置の経緯をご存じの方がいらっしゃったら、JFA事務局あてにご連絡いただければ幸です。

(10/01/17)

前 次緊急公開!!“大沢ボルダー公開セッション”

* この度、日原の「Tokyoトラウトカントリー」(元大沢国際マス釣り場)周辺のボルダーエリアがご厚意により公開されることとなりました。公開に先立ち「大沢ボルダー公開セッション」を開催します。

* このイベントは、未発表のエリアをみんなで楽しく登ろうというものです。まだ未登のラインもありそうです。もちろん、登れるレベルに関わらず、どなたでもご参加になれます。

* 駐車場(有料)も十分あります。その他協賛会社の展示即売会、地元名産品の即売会なども予定しています。未発表のエリアを仲間同士で楽しもう!

※このイベント以降は一般利用が可能になりますが、「利用に際しての注意」を良くお読みいただき、ルールを守って利用しましょう。

  
開催要項
日  時2010年1月31日(日)
受付開始 9:00
スタート 10:00
主  催日原クライミング委員会
後  援奥多摩観光協会、大沢自治区、Tokyoトラウトカントリー、日本フリークライミング協会(JFA)、クライミングフロント「カランバ」、山と渓谷社、エイ出版社
協  賛 協賛 イボルブジャパン、カシオ計算機、キャラバン、好日山荘瑞穂店、パタゴニア、PowerNavi、マムートジャパン、モンベル、ライノ&バード、ロストアロー(50音順) (その他、多数企業を追加予定)
場  所Tokyoトラウトカントリー
東京都西多摩郡奥多摩町日原68
イベント内容
(予定)
  • 未登課題を含む、未発表エリアでのボルダリングセッション
  • 豪華賞品の抽選会
  • 御前岩基部への新しい祠の奉納(30日)
  • 協賛企業の展示即売会
  • 地元名産品の即売会
参加費1000円/一人(施設利用料)
駐車料金500円/一台
ゲスト草野俊達、平山ユージ
その他[東京方面からの時刻表]
・中央線ホリデー快速(奥多摩行き)⇒新宿駅7:44発---奥多摩駅9:15着
・西東京バス(東日原・鍾乳洞行き)⇒奥多摩駅9:35発---大沢バス停下車(所要時間 約15分)
問合せカランバ
Tel:0428-334-334 / Mail:info@caramba.jp
 

(10/01/09、10/01/17 追加情報)

パタゴニア Photo: Barbara Rowell
10年1月
緊急公開!!“大沢ボルダー公開セッション”
黒山・聖人岩の駐車について
故 宇佐美 栄一氏を偲ぶ会
10年2月
“大沢ボルダー公開セッション”レポート
“広沢寺の岩場清掃集会2010”開催
10年3月
湯河原幕岩正面壁の現状
大沢ボルダーの一部が通年利用可能に
注意:大沢でのナイトボルダリング
奥多摩 天王岩の駐車場について


このページのトップへ