JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2009年 1月 〜 3月    2009年4〜6月へ2009年4〜6月へ  2008年10〜12月へ2008年10〜12月へ

前 次福島県 『矢地内の岩場』が登攀禁止に

* 会員の方からネット上の情報として、福島県郡山市内にある『矢地内の岩場』が、崩落の危険があると言う理由で登攀禁止になっているという情報が寄せられました。

* 現状では利用再開の見込みはない模様で、登りに行かないようにお願いいたします。

(09/03/24)

前 次クリス・シャーマ来日 公開イベントが開催

クリス・シャーマの公開イベントが、「おなじ空気、おなじ空間を共有しましょう」をテーマに、3月21日(ストーンマジック)、22日(ロッククラフト小山店)の両日開催されます。ゲストとして、日本からは平山ユージ、小山田大が競演します。 内容的には、セッション、トーク、対話・・そしてサイン会などです。

時間は未定ですが、決定次第に各会場とインターネットで発表します。参加費は大人2,100円、小学生1,050円、見学料 大人1,575円の統一料金です。限定100枚のサイン入りポスターもあります

(ロッククラフト小山店 09/03/05)

前 次バーグハウスがボルダリング・イベント「TOPOUT&TRY」を開催

* バーグハウスが4月20日(月)にT-WALL 錦糸町で、小学生以上を対象にボルダリング・セッションを中心のイベントを開催する。時間は17:00〜22:30。ゲストは渡辺数馬と小西大介の二人と、ギボン スラックライン チーム(予定)。

* 問い合わせ、申込はアルゴアクティブ株式会社(東京都港区高輪2-17-12-405 TEL: 03-6802-7720、FAX: 03-6273-8031 担当者: 峯村、内河)まで。

* 詳細はこちら

(09/03/05)

前 次『100岩場』改訂のための情報提供のお願い

山と渓谷社は、5月に『日本の100岩場 伊豆・甲信』の改訂版を発行しますが、これに当たり一般のクライマーの方々を含め、広く情報の提供をお願いしています。

対象となるエリアは長野、山梨、静岡です。新ルート、新エリアはもちろん、「ここに、こんな知らないルートがある」、「グレードがおかしい」、「岩が欠けた」、「ボルトの数がおかしい」、「アプローチが変った」などの情報をお持ちの方は、ぜひお送りください。

有効な情報をいただいた方には、改訂版をお送りします。3月中にいただければ幸いです。お待ちしています。

送付先
山と渓谷社 『Rock & Snow』編集部
〒107-8410 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1F
メールアドレス:rock-snow@yamakei.co.jp

(『Rock & Snow』編集部 09/03/02)

前 次城ヶ崎海岸アクセス情報

2月7日、8日の事故について(追記)

* 2月7日と8日に、シーサイドとファミリーで立て続けに発生した事故についてですが、シーサイドは登り返しに失敗して墜落し(単独だったため、状況からの推測)、レスキュー隊が出動。ファミリーは、残置されていたカムにセルフビレイを取ったところカムが外れて墜落、ヘリで搬送されたとの情報が入ってきています。

* また、それを受け静岡の地元テレビ局が「クライマー人気の崖、転落相次ぐ城ケ崎海岸」とした小特集番組を、2月12日に放送しました。内容的には一方的にクライマーを非難するような番組ではなかったものの、地元住民のインタビューなどではクライマーに対する苦言(主にマナーについて)もあり、これを見た地域住民はクライマーに不信感を抱くことも懸念されます。

* シーサイドの登り返しは、クライミング後の疲労した状態であるだけに、危険性の高い箇所で、これまでも大なり小なり事故が発生しています。梯子を設置してはどうか、という意見も度々あり、過去には巻き梯子が設置されていたこともありますが、釣り人や地元の岩ノリ採りの人が降りてくる事態になり、さらなる危険を呼ぶことになったため、現在は検討されていません。セルフレスキューの技術知識を持たない人や、一人で安全に素早く上り下りできる技術がないクライマーは近づくべきエリアではありません。また、少しでも不安がある場合には、ロープで確保するなどの何らかの安全策を講じてください。事故は重大なアクセス問題(エリアの禁止)に直結しかねませんので、安全には十分な配慮をして、クライミングを行ってください。また、駐車やその他のマナー面でも今まで以上の注意と配慮を強くお願いします。

浮山橋

* 先にお知らせしたように、今まで駐車していた橋の脇の駐車場が2009年1月2日から有料化されました。備え付けの集金袋に車両ナンバーを明記し、料金を入れて集金箱にポストイン。建てられた看板と配布されたチラシとで内容が若干異なりますが、管理事務所によれば、昼夜問わず集金箱にセルフ入金でかまわないとのこと。一日300円。いっぱいの場合は他のエリアに転向する他ありません。

* ただし、ここは別荘地内であり、すぐ脇にも別荘があるので車中泊はできません。地面に座って食事をしたり、ギアを派手に広げたりといった行動も控えてください。

大穴口(アストロドーム)

* 八幡野港からのアプローチと浮山橋からのアプローチがありましたが、2009年より八幡野港からは通行できなくなっているので、現在は浮山橋からのみ通行可。浮山橋駐車場に車を停めて海沿いの道を北上、約300メートルで左から道が合流し、T字路になるところに「D地区」の看板があり、この左の踏み跡を海に降りていくとすぐにアストロドームが見えます。浮山別荘地から私道を横切って下るアプローチは不可。

シーサイド、ファミリー

* 橋立の無料駐車場が、週末はクライマーの車で満杯になってしまうことが、地元の印象を悪くしているようです。週末に関してはなるべく有料駐車場(500円)を利用してください。八幡野港の坂を上がった行き止まりにある有料駐車場(一日1000円)を利用する場合、自己精算システムがなく、料金徴収に来ないことも度々あります。管理人がいるときはかならず払うようにして下さい。また、駐車場手前の坂に路上駐車しているクライマーがいるようですが、ここは以前問題になり、JFAでも注意を呼び掛けた場所なので、絶対に駐車しないでください(下図 参照)。

イサリビロック

* 以前にもお知らせした通り、駐車はフェンス側のみにし、海岸側の走行スペースを空けて下さい。 また、地元で植えた草花を踏みつけてないように注意してください。ただし、このスペースは6〜7台が限界で、週末になると釣り人などもいるため、すぐにいっぱいになります。いっぱいになってしまったら他のエリアに転向するか、少し歩いてでも別の駐車場所を探して下さい。週末などは、乗り合わせて台数を減らしたり、電車利用(富戸駅より徒歩20分)したりなど工夫してください。

(09/02/16)

前 次城ヶ崎海岸の事故について

* この週末(2月7日、8日)に城ヶ崎海岸のファミリー、シーサイドの両エリアで事故が発生しました。シーサイドの事故は最後の登り返しでの墜落ですが、翌9日にシーサイドを訪れたクライマーによれば、現場検証中の警察官から「これ以上事故が続くようだと、禁止になるかも知れない」と言う趣旨のことを言われたとのことです。

* この登り返しは、クライミング後の疲労した状態であるだけに危険性の高いところで、これまでも大なり小なり事故が発生しています。こうした観光地では、事故が原因で禁止になる可能性は極めて高いと思われます。城ヶ崎に限った話ではありませんが、安全には十分注意してクライミングをおこなっていただくようお願いいたします。

(09/02/09)

前次湯河原幕山 正面壁 No.1ルート登攀自粛のお願い

* 湯河原幕岩のクラシックルートであるNo.1ルートのクラック(フレーク)が、数センチずれていることが確認されました。最悪の場合、フレーク全体が崩落する可能性があり、その場合は大惨事につながるおそれもあります。当面、同ルートの登攀は自粛していただくよう、お願いいたします。また崩落が起こった場合は丹沢広場付近も影響を受ける恐れがありますので、ご注意ください。

(09/02/02)

前次湯河原幕山公園環境保全活動の実施について

* 2009年2月1日(日)に湯河原幕岩のある幕山公園で、小田原クライマーズクラブの主催で標記の活動が実施されます。内容は梅林公園内の清掃活動及びてんとう虫ロックエリアの浮石のチェックと、終了点の状態確認が主体です。

* 湯河原幕岩では昨年、落石が原因で一部のエリアが一時クライミング禁止となり、特にてんとう虫ロックは今も使用できない状態が続いています。これが、利用再開に向けての一歩になる可能性があります。皆様のご協力をお願いいたします。詳細は実施要領をご覧下さい。

(09/01/20)

* 実施要領の最終版が発表されました。ご確認下さい。

(09/1/22)

パタゴニア Photo: Barbara Rowell
09年1月
湯河原幕山公園環境保全活動の実施について
09年2月
湯河原幕山 正面壁 No.1ルート登攀自粛のお願い
城ヶ崎海岸の事故について
城ヶ崎海岸アクセス情報
09年3月
『100岩場』改訂のための情報提供のお願い
バーグハウスがボルダリング・イベント「TOPOUT&TRY」を開催
クリス・シャーマ来日 公開イベントが開催
福島県 『矢地内の岩場』が登攀禁止に


このページのトップへ