JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2008年 10月 〜 12月    2009年1〜3月へ2009年1〜3月へ 2008年7〜9月へ7〜9月へ

前 次東吾野の岩場が使用禁止に

* 先に新保 司氏から情報の寄せられた東吾野の岩場ですが、長期にわたる無断使用により利用禁止となりました。お出かけにならないよう、お願いします。。また地主の方の意向により、HP、ブログ等で、この岩場に関する情報を掲載されている方は、削除するようお願いします。

(08/12/26)

前次城ヶ崎 浮山橋駐車場が有料化

* 現地の看板をご覧になって、すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、浮山橋の駐車場が2009年1月2日から有料化されます。

* 看板とは別に、告知の案内チラシも配布され始めましたが、駐車料金の支払い方法が看板とは少し変更になっています。看板では単に備え付けの集金箱に入金とあったようですが、チラシでは8:00〜17:30については浮山町会事務所へ行って直接支払い、駐車券の発行を受けることになっています。この時間外については、看板通り集金箱に備え付けの専用袋にナンバーを明記して料金を入れ、集金箱に入れるとのことです。

* 詳しくは、チラシ(PDF)をご覧下さい。

(情報提供:杉野 保 08/12/23)

前 次鳳来で小学生が体験クライミング

* 11月6日に、鳳来の地元の新城市立鳳来東小学校の児童が、体験クライミングをおこなった。同小学校とクライミングジム是空が協同して企画したものとのこと。

* この催しを、地元の東愛知新聞中日新聞の東三河版が7日付けの紙面でとりあげ、ともに写真入で(特に東愛知新聞はカラーでかなり大きく)紹介している。地元の方々にクライミングを理解していただく上で、こうした活動は大きな意味をもつだろう。

(情報提供:是空  08/11/11)


* 12月20日、クライミング体験会に助成をいただいた「新城青年会議所ふるさと基金」の報告会が行われました。校長先生からは、子供達の様子や地区の保護者の方々の反応をお話していただきました。保護者の方々にも好評だったようです。

* 校長先生には感謝の言葉をいただきました。ふるさと基金審査委員の中の新城市教育委員会学校教育課課長には「是非、他の学校でもやってください」と言っていただきました。

(情報提供:是空  08/12/29)

前次奥武蔵・北川の岩場の利用について

* 10月30、31日、奥武蔵(埼玉県飯能市)の北川の岩場において支点整備作業が行われました。このエリアは以前より多くの会員からのリボルト要請が寄せられていましたが、ようやく着手できたエリアです。

* 作業に際し、岩場下の住民の方(前自治会長さん)、現自治会役員の方、そして岩場の所有者である地主さんらと面会をし、駐車に関するルールやクライマーへの要望などをうかがいました。 概要は以下となりますので、北川の岩場を利用する方は厳守願います。

・駐車について

 岩場へのアプローチ道入り口に2〜3台分の駐車スペースがありますが、ここに駐車する際は駐車スペース横の自治会公民館敷地内にある権現様の賽銭箱に駐車料として500円(1台)を入れ、そのお隣の住民の方がご在宅ならば一言ことわりを入れてください。

 また、近隣住民の方に会った場合は、岩登りに来た旨を伝え、挨拶を励行してください。特に駐車についての指示があった場合はすみやかに従ってください。また、駐車スペースが満車の場合は、路肩等への無理な駐車は控えてください。

 岩場は最寄駅・西吾野から徒歩30分程度で着きますので、できるだけ電車利用をお願いいたします。

・岩場利用のマナー、その他の注意点について

 近年、岩場付近の杉林の間伐がおこなわれ、見通しや声の通りなどが非常に良くなっています。その結果、クライマーの叫び声などが近隣住民の所まで良く届くようになっており、苦情も出始めています。岩場は静かに利用しましょう。

 山火事防止のため火気厳禁です。焚き火はもちろん、ガスコンロ等の使用、タバコは控えてください。

 北川の岩場は地元の方々の信仰の対象になっていますが(岩場上部に秋葉大権現の石碑あり)、地主さんのご好意、地元の方々のご理解により、これまでクライミングを黙認していただいている岩場です。ただ好意的とは言っても、地主の方はガイドブック掲載前に何もことわりがなかったことに不満をお持ちのようです。過度のティックマークやギアの残置は控え、クライミング後は可能な限りチョークのブラッシングをお願いします。また、事故だけはおこさないよう、最大限の注意をはらってトライしてください。

 またこれからの季節は日が短く、「真っ暗になっても駐車場に見知らぬ車が止まっていると心配なので、できるだけライトなしでも歩けるうちに下山してきてほしい」と言う要望を自治会長さんからいただいていますので、ご協力ください。(11/18 追加)


・岩場の支点整備状況について

 開拓後、20年以上経過しているルートも多くあり、支点類はかなり老朽化が進んでいます。順次リボルトは進めていきますが、打ち替え前・打ち替え後にかかわらず使用の際は十分に確認し、オウンリスクの原則のもと使用してください。

 終了点は従来のロープスリングを長く伸ばしたタイプは損傷がひどく、どれも大変危険な状態でした。また、杉林の間伐により、ハング上の古ロープの束が非常に目だってしまう状況となっていました。

 ほとんどのルートが「ハングを乗り越して終了」ですが、それでは下降・回収の際に深刻なロープドラッグを招きます。検討の結果、ハング上の安定した場所に“リアル終了点”を新設し、それとは別にハングのリップ付近に“回収用の支点”も設置しました。創意と工夫で安全にトライと回収をしてください。

 北川エリアの支点整備はまだ始まったばかりです。すべてのルートの作業を完了するにはしばらく時間を要します。その間、ご迷惑をおかけしますが、よろしくご理解とご協力のほどお願いいたします。

(JFA環境委員会  08/11/01初出 11/4修正と追補、11/18追加)

前 次Climbing Festa 2008

* 11月2日(日)、3日(月)の両日、アルゴアクテイブ株式会社主催、バーグハウスジャパン協力による、初心者対象の無料体験イベント“Climbing Festa 2008”が岡山と愛知で、下記のとおり開催される。

   
主  催アルゴアクテイブ株式会社
後  援日本クラインミング協会
対  象小学生以上(技術に合わせてクラス分けします)
募集人数60人(2部制 −1部、2部各30人
参加費用無料
特別ゲスト小西大介(バーグハウス専属アスリート)岡山県出身
問合せ/申込バーグハウスジャパン

東京都港区高輪2-17-12-405
TEL: 03-6802-7720  FAX: 03-6273-8031
担当:井上、内河

備  考必要な用具については各会場で無料にてご用意しております
<岡山会場>
日  程2008年11月2日(日)
場  所アクションスポーツパーク岡山(ASPO)岡山市北長瀬
時  間12:00 〜17:00
協  力好日山荘、バルコジャパン、バーグハウスジャパン
<名古屋会場>
日  程2008年11月3日(月)
場  所スカイホール豊田
時  間15:00〜21:00
協  力ザ・インパクト、バーグハウス ジャパン

(2008/10/20)

前 次第11回 鳳来の岩場周辺清掃登山

* 11月2日(日)に、鳳来の岩場で清掃登山が行われる。要項は以下の通り。詳細は『鳳来の岩場を愛するクライマーの会』のウエブサイト(http://webs.to/horai-climb/)で。

日 時2008年11月2日(日)
午前8時30分 新城市川合 小滝橋駐車スペースに集合
※昨年よりも集合時刻が30 分早くなっていますので、ご注意ください
持ち物作業のできる服装と履物、軍手など
※ゴミ袋、金バサミ、シャベル等は当日配布します。
当日の予定簡単な説明後、希望のエリア(岩場)に移動して清掃作業。 清掃終了後は、鳳来のクライミングをお楽しみください。
主 催『鳳来の岩場を愛するクライマーの会』
共 催新城市(旧・鳳来町)川合地区赤沢組
後 援新城市教育委員会、愛知県山岳連盟
問合先田中 周兵(ビックロック名古屋) Tel: 052-504-6805

(情報:『鳳来の岩場を愛するクライマーの会』 2008/10/17)

前次姫路 小赤壁が落石のため立ち入り禁止に

* 姫路の海岸線にある小赤壁の岩場の一部が、落石のために立ち入り禁止で利用できなくなっている。現在の所、立ち入り禁止解除の見通しは立っていない模様。

* 詳細は、KI-NET(関西岩場環境整備ネット)のウエブサイトをご覧いただきたい。

(情報:河野 誠一 2008/10/16)

前 次マナーと路上駐車の問題について

* 会員の方が実際にご覧になった、岩場でのマナー及び路上駐車についての情報をご紹介する。文中にもあるように、この事例のマナーについての部分は主観に依存する部分もあるかも知れないが、路上駐車については重要な問題である。こうした路上駐車をおこなうような人間(ここではあえて“クライマー”とは呼ばない――呼びたくない)がいる限り、岩場は次々に喪われていってしまうだろう。

10月4日、久しぶりに沢井の池田フェースに行きました。御岳の無料駐車場に車を止め、いつものように30分以上かけて急勾配の車道を歩きました。岩場には我々の他にクライマーの姿は無く、午前9時頃に登り始めました。約1時間経った頃、中高年の4人パーティーがやって来たので、挨拶し、「ゴースト・ステップ」にかけたトップロープが邪魔になるようならすぐにでも退かす用意がある旨を伝え、2、3言葉を交わしました。

この4人のパーティーは、とにかく騒がしく、内輪の話を際限なく大声で喋り続けていました。騒がしさの基準は多分に主観的なものであるため、最初のうちは黙っていましたが、ビレイヤーとのコールが何度も妨げられ、私がトライしている最中に明らかに私のことを話題にした会話が耳に飛び込んで来るに及び、耐えかねて「もう少し周囲に配慮していただけませんか」と注意しました。その時は「分かりました。」との返事が返ってきましたが、彼等の会話の調子はその後も一切変わらず、もしかしたら、下の民家まで声が届いていたかもしれません。

11時過ぎ、彼等にもうひとり女性が加わりました。その時の会話は「駅から歩いてきたの?大変だったね。」「ううん、○○さんの車の後ろにぴったり着けちゃった。」と言うものでした。これを聞いて、まさか路駐しているのではないかと疑いましたが、確証はありません。

14時過ぎにその場を後にした我々は、アプローチの途中にある青渭神社横の路肩に駐車してある2台の車を目にしました。先頭の車にはヘルメット、後ろの車にはロープが積まれており、一見してクライマーのものであることは明らかです。

沢井の幕張岩として古くから知られたこの岩場が「池田フェース」として改めて紹介されたのは、1994年8月の『岩と雪』165号です。その時の記事には以下の注記が附されています。

車利用の場合は駐車場がないので、御岳渓谷周辺の無料または有料駐車場を利用。絶対に路上や神社下の空き地には置かないこと。地主さんの許可を得て好意により利用させていただいているので、その点は厳守してほしい。

これについては、「日本100岩場」にも同様の注意書きがあります。

各地でアクセス問題が多発し、奥多摩・奥武蔵でも微妙な状況下にある岩場が少なくない今日、民家の裏庭のような池田フェースを問題なく利用できているのは、ほとんど奇跡に近いことではないでしょうか。このような状況を踏まえ、地元住民や林業関係者の心証を害することのないよう、全てのクライマーが岩場の利用に際して細心の注意を払うべきであると思います。

上記の5人は、皆50代半ば過ぎ(本人達がそう言っていた)であり、社会的な思慮分別を持っていて然るべき年代だと思うのですが、残念ながらそうではありませんでした。彼等のような人々のために、質の高い岩場が閉鎖されていくのを見るのは耐え難いことです。意識の低い彼等にこのような内容を伝えることは非常に困難だと思いますが、JFAがこれについての注意を喚起してくださることで、山岳会やジム等での繋がりを通じ、彼等がこれを理解してくれることを願っています。

(2008/10/06)

パタゴニア Photo: Barbara Rowell
08年10月
マナーと路上駐車の問題について
姫路 小赤壁が落石のため立ち入り禁止に
第11回 鳳来の岩場周辺清掃登山
Climbing Festa 2008
08年11月
奥武蔵・北川の岩場の利用について
鳳来で小学生が体験クライミング
08年12月
城ヶ崎 浮山橋駐車場が有料化
東吾野の岩場が使用禁止に


このページのトップへ