JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2008年 4月 〜 6月    2008年7〜9月へ7〜9月へ  2007年へ1〜3月へ

前 次 岡山県 備中の岩場 ニューエリアの駐車場について

* 島根県フリークライミング協会から寄せられた情報。

人気のある岩場の1つ「ニューエリア」の駐車スペースの使用について、警察の方から注意がありました。

これまで利用されてきた駐車スペースはただの空き地で、特に許可を得て使用してきたわけではなく、地元から黙認の形でこれまで利用されてきました。

黙認とはいえ、地元から苦情がなかったわけではありません。駐車スペースから岩場へ行くのに近くの採石場の私道をクライマーが使っていて、関係者からたびたび注意を受けたため、この私道は使わないようにしてきました。しかし、私道を使わずとも、私有地の山林を抜けて岩場に行くことには変わりがありません。

ここ最近はクライマーが多く集まることもあり、地元の方も不審に思われたのだと思います。今後は近くの用瀬クライミング広場(ここは正式に認められています)に駐車し、岩場までは歩いていくしかなさそうです。詳細はMTCNetのサイトをご覧下さい。

(2008/05/25)

前 次訃報 新井 裕己氏

* 既に新聞などでも報じられたとおり、新井 裕己氏が、北アルプス五竜岳にで遭難、4月28日に遺体が発見された。単独のため、具体的な事故の状況は不明。

フリークライマーには『Rock & Snow』誌に連載の「ハードコア人体実験室」や登山技術全書(山と渓谷社刊)の『フリークライミング』(共同執筆)で知られる

(2008/04/29)

前 次 雪彦山 不行岳の事故について

* 4月13日に兵庫県の雪彦山で死亡事故が発生しました。この事故について大阪勤労者山岳連盟のメーリングリストに流れた情報が、JFA会員の方から寄せられましたので、要点をご紹介します。

* 場所は不行岳の“逆くの字ルート”及び“温故知新ルート”のアプローチにあたる部分。巨大な浮き石(冷蔵庫大とも畳一枚大とも言われる)とともに墜落。ダブルロープが2本とも切断、ビレーポイントの4〜50m下まで墜落したとのこと。

* 落石の大きさから考えると、岩が抜けた場所はまだ不安定な状態である可能性が高いため、この周辺のルートを登られる方、その下の不行沢を登られる方は十分にご注意ください。

(2008/04/17)

パタゴニア Photo: Barbara Rowell
08年4月
雪彦山 不行岳の事故について
訃報 新井 裕己氏
08年5月
岡山県 備中の岩場 ニューエリアの駐車場について


このページのトップへ