JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

NEWS   〜JFA NEWS〜

2017年 1〜6月     2016年10〜12月へ2016年10〜12月へ

前城ヶ崎で大規模な崩壊

* 静岡県伊東市観光課からの一報によると、城ヶ崎海岸の「犬落とし(通称:シーサイド)」にて大規模な岩場崩落が起きた模様です(右写真中央部 5月30日撮影)。伊東市から提供された写真から、サンセットエリアのクライミングルートが被害を受けているものと推測されます。

* この他にも崩壊または影響が及んでいる可能性があります。また、今後、他の部分も連鎖的に崩壊する可能性もあります。近日中にJFAスタッフが現地に赴き、詳細確認を行ないますが、当面の間、周辺には絶対に立ち入らないようにしてください。

今後の情報につきましては、JFAの公式ホームページおよびFacebookページににてお伝えしていきます。クライマーの皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

(17/05/31)

* 6月1日に、現地確認をおこなった結果、“キャデラックランチ”の終了点付近から下が大きく剥離崩壊したことが確認できました。写真右下に、崩壊した岩に終了点のあるのが確認できます。崩壊面には木の根が見られ、崩壊部分全体が巨大な浮き石であったことがわかります。また崩壊面の上部は、巨体な岩こそ落ちそうなものはありませんでしたが、まだ大小の岩や立木などが残っており、何かの拍子で落ちてくる可能性があります。

* 崩壊したところは、下降路からメインとなるエリアへの途中にあたりますが、打ち際まで崩落した岩が堆積しており、足場も不安定かつ上部からの落雪に注意しながら通過せねばならず、かなり危険です。こう言った状況から、シーサイドエリアについては、当面の間、クライミングは危険な状況にあり立ち入るべきではないと考えます。

* 崩壊したところは、下降路からメインとなるエリアへの途中にあたりますが、打ち際まで崩落した岩が堆積しており、足場も不安定かつ上部からの落雪に注意しながら通過せねばならず、かなり危険です。こう言った状況から、シーサイドエリアについては、クライミングをおこなうには危険な状況にあり立ち入るべきではないと考えます。現地の状況からすれば、「自粛」ではなく「禁止」という表現を使うべき状態であるとお考え下さい。

* 当面の間、シーサイドについては立ち入らぬようご協力をお願いいたします。具体的にどの程度の期間を見れば安定するか現段階では判断ができません。今後定期的に状況の確認をおこなって行く予定ですので、情報をお待ち下さい。

(17/06/02)

前 次三つ峠 “岳2”ルートでハンガー脱落の危険性

* JFAに寄せられた情報によると、三つ峠“岳2”の2P目核心部のボルト(ストレートアンカー)のハンガーを固定するナットが脱落しており、ハンガーはまだ残っているものの使用できない状態とのことです。

* 気づかずに登ると、事故につながる危険があります。同ルートに行かれる方は、状況を良く確認して取り付いていただくようにお願いいたします。また可能であれば、ナット(M10と思われます)とレンチを持参されることをお勧めします。

(17/05/30)

前 次カサメリ沢コロッセロ付近で、倒木落下の危険性

* JFAに寄せられた情報によると、“キング・オブ・モンキー”の上部に根の部分から倒れた倒木があり、同ルートの終了点あたりにぶら下がっている状況とのことです。根の部分には大量の土がついていて、仮に落ちてきて人にあたると危険ですので、同ルート周辺でクライミングを行う際は、十分に注意して下さい。

(17/05/24)

前 次二子山・祠エリア“シリアル”でムササビが営巣

* JFAに寄せられた情報によると、facebook上に同ルートの1ピン目の上の穴にムササビが営巣しており、クライマーに驚いて飛び出してくるという情報があがっています。

* FBにもあるように、ムササビへの影響、またクライマー側の安全の両面から、当面同ルートの利用は見合わせるようお願いいたします。

(17/03/26)

前 次名栗・河又の岩場の利用再開について

* 2月22日、地権者を名乗る方から「勝手に立ち入らないように」という注意を受けたことから自粛を呼びかけていた埼玉県飯能市名栗にある「河又の岩場」の岩場ですが、その後、地権者の方と連絡が取れ、あらためて岩場の利用をさせていただけることが確認できましたので、お知らせいたします。

* ただし、以下のことを厳守するようにしてください。

  • 事故は絶対に起こさない(安全確認やヘルメットの着用を励行願います)。
  • 火気厳禁(地権者の方は山火事をもっとも嫌われます。焚き火はもちろん、喫煙やコンロ等の使用も控えましょう)。
  • 岩場上部(雷岩)方面からアプローチする林道への駐車禁止(駐車は必ず、旧だんご屋さん、または河原広場の有料駐車場を利用のこと。公衆トイレ前のスペースは短時間の駐車に限られます)。
  • トイレはできるだけ登山口の公衆トイレを利用してください(やむを得ない場合は、使い捨てトイレ等を使用し、ペーパー類は持ち帰って適切に処理してください)。
  • 岩場や樹木、アプローチ道などの勝手な改変の禁止(あくまで土地は地権者のものです。やむを得ず改変を行なわなくてはいけない場合はJFAを通じて地権者の承諾を得ること)。

* なお、注意をされた方は地権者の親類に当たる方だそうです。とくに林道への駐車や土地の改変(取り付きの整備等)が気になり、注意されたのではないかということです。「岩場を利用させていただいている」という意識を持ち、くれぐれも迷惑にならないようにしてください。

* もし、また何かありましたら、JFAまでご連絡ください。

JFA環境委員会 (17/03/04)

前 次 御岳清掃イベント

東京都調布市のクライミングジム“WEST ROCK”の主催で、御岳ボルダーの清掃イベントがおこなわれます。平日ではありますが、ふるってご参加下さい。

日時 3月23日(木)  ※9:00開始〜12:00終了予定です。
場所青梅市御岳渓谷(御岳ボルダー)
集合、解散発電所隣の駐車場集合、解散の予定です。 
※ 駐車場をご利用の場合は有料となります。
持ち物ブラシ、軍手など
※スタッフがゴミ袋を持参します。ゴミは終了後スタッフが持ち帰ります。
参加資格どなたでもOK!
お申込方法

※ メール申込の際は、ご氏名、ご連絡先を必ずご記入の上お申し込みください。

締め切り3月22日(水)
担当渡辺 瑞樹

(17/02/28)

前 次Seven A co,ltd × Expression hold Presents
“Romain Desgranges Special Session!!!”

リードクライミング現役フランス代表のロマーンがフィッツにやって来る!
ロマーン設定の特別な課題(コース)をロマーンと一緒に登りましょう!
世界レベルのテクニックと課題を肌で感じる事ができる貴重なチャンスをお見逃しなく!

日時、会場 3月1日(水)フィッツクライミングジム
Part-1 16:00〜17:30 プロクライマーと登ろう!スペシャルトーク&セッション
対象小学4年生くらい〜中学生
参加費用施設利用料のみ (通常1200円、スクール生900円)
概要
  • ロマーン設定の課題(8〜10課題程度)をセッション形式でトライ。
  • ロマーン本人にアドバイスをもらいながら完登を目指しましょう。
  • セッション後に質疑応答タイムも設けますので、上達するためのテクニックなど気になることを質問しよう
※トークセッション終了後は閉店まで自由に登れます
Part-2 17:30〜 フリーセッション式プチコンペ
対象すべてのお客様
参加費用施設利用料のみ
概要
  • セルフジャッジ方式で参加自由のプチコンペ
  • ロマーン設定の特別課題でより多くの完登を目指しましょう
  • 各カテゴリー(男子・女子・キッズ)上位には景品贈呈!
申込方法 申し込み不要

(17/02/26)

前 次埼玉県・名栗河又の岩場でアクセス問題

* 玉県飯能市名栗の河又の岩場でアクセス問題が発生したという一報が入りました。

* 2月22日、雷岩方面を登りに訪れたクライマーが地権者を名乗る人から「勝手に登らないように」と強く注意を受けたとの事。詳細はJFAで調査中です(※数年前にJFAがコンタクトをとった地権者の方とは、来週以降に連絡がつくことになっています)。

* 事態が明確になるまでは、こうもり岩・雷岩・蛇岩等、河又の岩場全体の入山を自粛すようにお願いいたします。 また、トラブルを大きくさせないために、友人・知人等で河又でのクライミングを予定されている方がいたら、この件をお伝えください。

* 詳細が分かり次第、Facebook、ホームページ等でお知らせしますので、今後の情報にもご注意ください。

JFA環境委員会 (17/02/23)

前 次スカイキッズ ボルダリング体験会 in GRAVITY RESEARCH

スポーツ番組を中心に放送中のCSチャンネル スカイAと、子ども向けCSチャンネル「キッズステーション」が、小・中学生を対象としたスポーツクライミング体験イベント「スカイキッズ ボルダリング体験会」を全国のGRAVITY RESEARCHにて開催します。

キッズたちの、はじめの一歩を応援します!クライミングに興味がある!クライミングを始めてみたい!そんなスポーツクライミング未経験のキッズと、ステップアップを目指すキッズクライマーを対象とした当イベント。

イベントは参加者のレベルに応じたチームに分かれて行うので、クライミングが初めてでも大丈夫!それぞれのチームにコーチが付き、ボルダリングのコース(課題)にチャレンジ!4つのさまざまな内容の課題をローテーションで登ります。難しかったり出来なかったりするところをコーチが丁寧にレクチャーします。

アドバイス1つで登れるようになる!出来なかったことが出来るようになる!登ることによって得られる達成感と喜びを、みんなで共有しましょう!

体験会が終わった後は、コーチを務める日本代表の選手たちとの記念撮影や質疑応答タイムもあります。また参加者全員にはもれなく参加賞もプレゼント!

たくさんの方々のご参加、お待ちしています!

日  時 2月18日(土)・19日(日)GRAVITY RESEARCH なんば(大阪府)
2月26日(日)GRAVITY RESEARCH 大宮(埼玉県)
3月19日(日)GRAVITY RESEARCH TOKYO-BAY(千葉県)
スケジュール 9:00〜12:00(各会場共通)
参 加 費 1,000円(レンタル料金込)
※ 見学無料
参加資格 小学校1年生〜中学校3年生までのクライミング未経験者からステップアップを目指すキッズクライマーまで
参加方法 スカイキッズ ボルダリング体験会特設サイト(http://www.gravity-research.jp/event/170203Skykids/)からの事前予約
諸注意
  • 参加費は当日会場でのお支払いのみとなります。
  • 小学生のお子様は保護者同伴でご来場ください。
  • 当日は動きやすい服装と、レンタルシューズ用の靴下をお持ちください。
企  画 スカイA、キッズステーション
特別協賛 牛乳石鹸、オリエンタルバイオ、好日山荘
コーチ陣紹介 伊東 秀和(いとう・ひでかず)

プロフリークライマー。伊東秀和クライミングスクールを運営し、日本代表選手のコーチとしても活躍。ユース選手の育成にも力を注ぎ、多くの日本代表選手を育て上げる。

杉本 怜(すぎもと・れい)

高校2年生の時にBJCで3位に入賞したことでリードからボルダリングに路線変更。2015年春に大学を卒業してからは、プロクライマーとして活躍。

尾上 彩(おのうえ・あや)

10歳にしてフリークライミングに出会い、2007年クライミング日本選手権で優勝。最年少優勝記録を更新する。

小武 芽生(こたけ・めい)

2013年開催のクライミング・日本ユース選手権優勝。その後も安定した成績を残す。今後も目が離せない期待の19歳!

(17/02/03)

前 次第1回 クライミングサポート研修会「クライマーの皮膚トラブルと対処法」

日  時 2月26日(日)
主  催 関西クライマーサポートチーム
会  場

<第一部>香芝市ふたかみ文化センター 小ホール(予定)
〒639-0243 奈良県香芝市藤山1丁目17-17

<第二部>シルバーストーンクライミングジム
〒639-0253 奈良県香芝市田尻90

プログラム 10:30〜12:00(第一部 講演の部)
  • 演題:クライマーが抱える皮膚のトラブルと対処法
  • 講師:大森 俊 先生(産業医科大学医学部助教(病棟医長))

1982年生まれ、北九州市在住、趣味はクライミング

産業医科大学医学部助教(病棟医長、皮膚科専門医)

日本皮膚科学学会認定皮膚科専門医

学会等日本登山医学会、 日本皮膚科学会、 日本下肢救済足病学会、日本クライミング医科学研究会、日本山岳協会医科学委員会委員ほか
業績等スポーツクライミングによる皮膚障害の実態調査(西日皮膚 2016)、スポーツクライミングによる胼胝形成の特徴(登山医学) ほか
13:00〜17:00(第二部 実技の部)
  • 合同練習会(inシルバーストーン)
    • ユースはリードを中心、キッズはボルダリングを中心に行う予定です。
    • クライミングギア(シューズ、ハーネス等)をご持参ください。
  • 第二部では希望者先着10名様まで、大森先生による指皮などの皮膚トラブル個別相談を受けられます。
定  員 40名
参 加 費 <第一部> 事前受付3,000円、当日受付3,500円
  • 高校生以下は(本人+保護者で上記金額。保護者のみの参加可
  • 保護者名でお申込みください
<第二部> 事前受付2,000円、当日受付2,500円

※ いずれも当日お支払いください。

申込方法 申込フォーム(https://goo.gl/forms/PVQPDpQIGUYBr7dR2)よりお申込みください。
お問い合せ Tel:090-3624-2077   E-mail:kcsteam2017@gmail.com

(17/02/02)

前 次 Kumano Bouldering Area festival 2017

* 2月11日(土)、12日(日)に三重県熊野市紀和町の新しいボルダーエリアの公開イベントが開催されます。11日が前夜祭、12日がボルダリングセッションとなります。

* 詳細はfacebook企画書をご覧ください。参加申込み書facebookからダウンロードできますので、ふるってご参加下さい。

(17/01/15)

前 次 伊豆 鷲頭山のアプローチで大型動物が目撃

* 昨年12月29日の17時少し前ごろ、鷲頭山の岩場からの帰路で、人の背丈ほどもある大型の動物を目撃下という情報が寄せられました。

* 熊(ツキノワグマ)のように思われるとの情報ですが、伊豆半島でのツキノワグマの生息は現在では確認されていないこと、地面を掘り返した痕跡があることから、イノシシの可能性が高いように思われます。

* 熊であれイノシシであれ、山中で突然遭遇した場合は危険性が高いので、周辺を訪れる方はご注意ください

(17/01/09)

パタゴニア Photo: Barbara Rowell
17年1月
伊豆 鷲頭山のアプローチで大型動物が目撃
Kumano Bouldering Area festival 2017
17年2月
第1回 クライミングサポート研修会「クライマーの皮膚トラブルと対処法」
スカイキッズ ボルダリング体験会 in GRAVITY RESEARCH
埼玉県・名栗河又の岩場でアクセス問題
“Romain Desgranges Special Session!!!”
御岳清掃イベント
17年3月
名栗・河又の岩場の利用再開について
二子山・祠エリア“シリアル”でムササビが営巣
17年5月
カサメリ沢コロッセロ付近で、倒木落下の危険性
三つ峠 “岳2”ルートでハンガー脱落の危険性
城ヶ崎で大規模な崩壊


このページのトップへ