JFA  Japan Free Climbing Association
トップ NEWS Competition 岩場整備 freefan 安全と保険 初登/再登情報 リンク

SOSC  安全委員会 JFA-SOSC

SOSCクライミングガード/山岳ガード保険

 安全委員会(JFA SOSC)の活動

 安全委員会(SOSC エスオーエスクライマー)では主にクライミングの安全 危険 事故、また 医療機関や故障などの情報などの収集とその啓蒙活動をその目的としています。決して派手な活動は行っておりませんが、主な活動をご紹介します。


破損したまま使われていたハンガー/Own Riskへ

・事故調査

 カラビナの破断問題や、死亡事故、など重大な事故に関しては、関係者からの聞き込みなどだけでなく、現場での検証も含めた事故調査を行っています。ただ頻度はそれほど多くなく、年に1回あるかどうかです。

 その結果・レポートについてですが、特に人為的な要因が大きなものは、関係者の同意が得られず、多くの場合公表などができないでいるのが現状です。

 事故に遭われた方、目撃された方は、その状況についてアンケート(PDF)をダウンロードして事務局までお送りください。また、近日中にフォームを用意する予定です。

・医療機関情報

 クライマー特有のケガに強い医療機関等のリスト整備をはじめています。多くが、会員や保険事故者からの提供情報ですが、残念ながら数が少なく、またそのほとんどが首都圏に集中しています。提供される情報(少ない)に比べて、必要とされる情報(ケガや症状の深刻さ)の格差を非常に感じています。

 お勧めできる医療機関をご存じの方は、アンケート(PDF)をダウンロードして事務局までお送りください。また、フォームの作成も検討中です。

・故障・傷害の勉強会

 顧問をお願いしている前之園(まえのその)医師を講師に2003年より年1~2回のペースで、クライマーの傷害や故障、身体各部についての講習会を開催しています。これまで、指、肩、ヒザを実施してきました。また今後は、医師だけでなくトレーナーの方のより実践的な知識を紹介していくことも企画中です。 2005年は冬に大阪で開催、また5月に小川山クライミングフェスティバルにて実施しました。次回の開催予定は未定です。

保険(クライミングガード)

 さまざまなタイプのクライミングおよび日常生活の事故に対応した保険があります。加入は任意で、随時加入可能です(詳細はこちら。また、資料をご希望の方は取り扱い代理店セブンエーまで請求下さい。2003年より若干の団体割引がつくようになりました。加入にはJFAの正会員または準会員資格が必要です。

・SOSCニュース

 おもに安全危険情報および保険事故情報を掲載したニュースレターを準会員向けに年2回発行。SOSCはエスオーエスクライマーの略。JFA正会員の方は、ほぼ同内容がフリーファンに掲載されていますので、それをご覧ください。

・その他(法的問題についての意見交換会など)

 2003年夏に第1回目の会合を実施。クライミングを行う上で考えなくてはならない、地主との関係(アクセス問題)、クライマー同士、クライマーと業者の問題など、すでに顕在化している諸問題に関して、話し合いを持ちました。フリーファン、SOSCニュースに結果概要は載っています。結論は出ていませんが、問題意識は大切だと考えています。


このページのトップへ